英語の基礎が身につくスピードラーニングの効果|英会話教材選び.net

Sticky post

スピードラーニングから基礎的な力を養う

スピードラーニングから基礎的な英語に対する力を養うことは、大きな変化に対するステップだと思っても間違いではありません。
むしろ、着実なステップを踏むための大きな一歩だと考えるべきです。

英語を話したいと考え、今まではなかなか自分で行う英語学習で効果を得ることが難しかった人でも、こうした効率化を図る教材を活用することによって、日常生活のスタイルを崩すことなく、英語に関する知識が拡大できるようになります。

続きを読む

わからない英語。

スピードラーニングのCDを購入して初めて聞いた時、これを簡単だと思う方、ほとんど聞き取れないと嘆く方、何度も聞いているうちに、実は深い内容の教材だと思う方、様々です。

4年後から順次実施される学習指導要領で、小学5年生と6年生で、正式な教科に位置付けるように答申したというニュースが流れています。その前に慣れ親しむため、小学校3年生からゲームや歌を始めるという話です。

歌やゲームでのリスニングや英会話は、紙の上での勉強とは違って、英語を身近に感じることができる非常に効果的な学習の一つだと私は思います。しかも、この画期的な学習は全て国からの無料のものです(私立の学校でも補助金という形で出ていますから)

このニュースが流れてからというもの、多くの口コミサイトなどでも、この小学生からの英語というものが、話題になっているようです。最近の幼児教育にも少なからず、影響が出てきているようにも思えます。

子供達に自由な時間が取れないほどの習い事をさせるのは?と思っていても、周りの状況を見て焦ったりする気持ちも、痛いほどわかります。どんな方法でも、周りの評価を気にするよりも、やる本人が楽しいと思ってくれていればいいとはわかっていても、結果を求めてしまいがちです。では実際に結果につながる一番の方法とは何でしょう?

これは古典的ではありますが、地道に続けること以外にありません。
机に座ってこれを聞きなさい!という勉強方法だと、子供に限らず誰もが負担ですし、続けられない、たとえ続けられたとしても、楽しくできる人というのは、本当に極々稀だと思います。

スピードラーニングが続けられる秘訣は、なんといっても、流しっぱなしでも良いということです。以前も書きましたが、会話形式になっているので、隣の部屋で、あるいは近くのソファーで別の家族の誰かが、誰かと話しているという状態でもいいわけです。

特に子供達は、いや、子供達に限らず、近くで話している会話って、聞くつもりでなくても、実は耳に入っていたりしますよね?
(子供達には聞かせたくなかった会話を後から、質問されたりすることもありますが)

相手に通じる発音で会話ができるようになるには、もちろん個人差があるでしょうし、自分自身が満足出来るレベルに達するためには、相当の時間が必要なのかもしれません。でも、日本語が話せる私たち全員が、漢検1級、言え、3級でも持っているかというとそうではないように、英語が話せるアメリカ人が英語の国語のテストが満点ではないのです。

そこを目標にする必要はないと思いますし(もちろん、それをクリアしないといけないという方もいらっしゃるでしょうけれど)、スピードラーニングを続けた方がそろって同じことを言われるように、いつの間にか、聞き取れるようになっていた、相手の問いかけにフッと答えられた、言いたいことが曲がりなりにも、相手に伝わるように言えるようになるということが、大切なんだと思います。

聞くことから始まる

テレビや映画の中の英会話や、もちろん、スピードラーニングのCDを聞いていて、聞き取りにくい英語というのは、実は日本語としてすでに使われているものや、ついローマ字読みをしてしまうものも多いのではないでしょうか?

全く知らなかった言葉で、リスニングから頭に入ってきたものであれば、その発音は素直にインプットされやすいものですが、中学・高校と学んでいた、特にそのスペルを試験のために学習してきたものであれば、なおさらです。

自分が覚えやすいようにローマ字読みにしてみたりなど、私も経験があります。
例えば、「水曜日=Wednesday」ぐらいであれば、覚え方として私は「ウェドゥネスディ」と覚えていたとしても、正しい発音に近い「ウェンズディ」で通用するので問題ないのですが、「Boulevard」という大きな通りをさす単語があります。ローマ字読みを敢えてすると擦れば、「ボゥルバード」、あるいは「ボールバード」でしょうか?

Wikiのサイトなどでも、「英語圏ではブールバードのように発音し、しばしばBlvdと省略表記される。」というように説明がされていますが、日本語表記の地図では、ブルーバードと書いてあるのをよく見ます(ラスベガスの口コミ情報や、日本語の無料情報誌に散見)。が、アメリカ人に発音してもらうとブルバードと、「ル」を伸ばさない、あるいはブルバー(ドゥ)の方が近いように聞こえます。(私自身も、あまりに通じなくて、ブルバイと言って、やっとわかってもらえたことがあります。)

日本の文部科学省の方針は、学習指導要綱の言語活動の内容において、まず最初の項に「聞くこと」を掲げています。その中で、「自然な口調で話されたり読まれたりする英語を聞いて,情報を正確に聞き取ること」となっていますから、スピードラーニングの教材が効果的であると評価されているのは、こういうところにもあるようです。(話は違いますが、英語と日本語の手話は全く別です。手話の方法が共通なら良かったのに、言語をもとに作られたものなので違って当たり前みたいです。)

すでに購入されている方も、今検討されておられる方も、また購入はしないけれど、英語の勉強はやりたいと思われている方は、英語をとにかく続けて聞いてみてください。
私も英語を使っていないと、子供達とは違い聞き取りも話すことも衰えてくるのがわかります。

笑顔は無料の最強ツール

東京オリンピックに向けてなのか、英語熱が高まっているようです。自分では英会話は全くできないと思っていても、ABCDといった、学習する上での基礎は誰もが持っています。なのにほとんどの人が、英語は全くできないと言っていませんか?

日本に来た外国人が、「アーソウデスカ!」と答えると、日本語お上手ですね!とこちらも笑顔で答えたりします。そうすると、「ニホンゴ、チョットダケ」などと返してこられたり。この外国人の方が、たとえ、この二言だけしか話せなかったとしても、発音が外国語訛りだったとしても、リスニングは皆無に近かったとしても、間違い無く、“日本語は少しだけなら話せる“と自負して、いえ、当然のように周りにも自慢していることと思います(笑)いろんな外国人のサイトを見ると、一言二言しか日本語を話せなくても、嬉しそうにアップしていますよね? 続きを読む

文科省

外国語を学習するときに、日本語で言えばアイウエオから勉強するのも、一つの方法だと思います。文章を書くにも、その内容を理解するためにも、その言語の基本的なABCを学ぶことは必要です。
ただ、英語に関して言えば、私たちはすでにそのレベルは卒業していると思われます。

2014年9月に文部科学省から発表されたことによると、2018年度をめどに小学校5年生から英語が正式教科になるとのこと。これは、その是非は別にして、英語がこれからの世の中では、話せて当たり前、とまではいかずとも、ある程度のレベルが要求されていくようです。 続きを読む

学習

英語を学習していく時にその方法・勉強でも同じですが、続けられなければ、どんな教材を使おうとも自分のものにはなりませんよね。英会話をしていく上でリスニングや発音といったものは、たとえ子供の時にネイティブだった人でも、その後ずっと英語と触れ合うことがなかった場合、完全に忘れたわけではないのでしょうけれど、頭の奥の引き出しに入ってしまって、なかなか取り出せないことになります。これは英語だけではなく、何の言語でも同じことのようです。

実際に知人の息子さんは小学校1年生までずっとドイツに住んでおり、(もちろん幼稚園もドイツの幼稚園)その後アメリカに転勤で1年ちょっと前に来られたのですが、英語は読み書きも会話も上手になってきていますが、ドイツ語は全く話せなくなっていると言っていました。

日本語に関してはもちろん補習校に週一で通っているとはいえ、これは十分に小学校3年生として評価できるレベルを保っているらしく、家の中では完全に日本語を使っているからだと納得されています。
続きを読む

スピードラーニング押し

聞き取りができないことには、会話にはならないというのは、日本語でも英語でも同じことです。英会話を話せるようになりたい!という人にとっては、どういった方法の勉強が一番いいのか、どの教材がリスニングや発音を学習していくには評価できるものなのか、悩むところですよね。

もちろん、私はスピードラーニングは内容的に悪くないと思っていますが、ご自分が納得して効果があるものが、他にあるのであれば、こだわる必要はないとは思っています。とは言っても、値段の大小はあるにせよ、たとえ100円であっても無料ではなく、購入するものであるならば、やはり結果が出るものを選びたいところです。
続きを読む

RとLの発音

英語を学んでいる人であれば、必ずといっていいほどRとLの発音の違いに苦戦すると思います。口コミサイトを見てみても、やはり多くの情報があがっています。

例えば、日本語の「鳥居」人名なら「まりこ」を、ローマ字で書くと、「TORII 」、「MARIKO」となりますが、これを英語の読み方で読むと、「トゥリイ」、「マゥリコ」みたいに聞こえるはずです。
固有名詞や、特に人名の場合、「マゥリコ」ではなくて、「マリコ」だと、訂正したりする人もいます。 続きを読む

Copyright © 2017 英語の基礎が身につくスピードラーニングの効果|英会話教材選び.net

Up ↑