英語の基礎が身につくスピードラーニングの効果|英会話教材選び.net

Sticky post

スピードラーニングから基礎的な力を養う

スピードラーニングから基礎的な英語に対する力を養うことは、大きな変化に対するステップだと思っても間違いではありません。
むしろ、着実なステップを踏むための大きな一歩だと考えるべきです。

英語を話したいと考え、今まではなかなか自分で行う英語学習で効果を得ることが難しかった人でも、こうした効率化を図る教材を活用することによって、日常生活のスタイルを崩すことなく、英語に関する知識が拡大できるようになります。

続きを読む

英会話ブームの背景

企業において昇格の条件としてTOEICが課せられたり小学校の授業に英語が取り入れたり、英語の重要性はますます高まっています。 従来の読み書き中心の学習法から会話重視になっています。

社会人が英会話を学習する場合、自由に使える時間は限られているため教材を使っての勉強になることが多いようです。新しい言語を習得する場合、リスニングが非常に重要になってきます。とりわけ現在の英会話ブームはコミュニケーションのツールとしてですからなおさらです。

続きを読む

リスニングの重要性

英会話を学ぶうえで、まず大切になってくるのがリスニングです。英語を話せるようになりたいと、いきなり英会話スクールに通う人もいらっしゃいますが、そこでまず困るのがネイティブが何をいっているのか聞き取れないということでしょう。

海外旅行でもそうです。空港のアナウンスや税関の職員の英語が聞き取れないと本当に困ります。
続きを読む

継続しやすさがスピードラーニングの利点

英会話の学習を始めようとする人はインターネットのサイトで様々な情報を集めます。星の数ほどある英会話教材の口コミを読んで効果があるものを探します。

日本人の場合、特にリスニング力不足を感じている人が多いので、結果、そういった教材に人気が集まります。英語の発音が良くなるといったものも人気があります。

「効果があるのはどれか?」「自分にあっているものは?」こうやって探しているうちに混乱してしまう人も多いようです。では効果がある英会話教材とはどういったものでしょうか?
続きを読む

ロングセラーは信頼の証か?

スピードラーニングが発売されたのは、公式サイトの記載によれば1989年3月です。2014年11月現在で発売から25年たっています。英語教材としてはロングセラーです。

書店やインターネット上で様々な毎年のように新しい英会話教材が登場しています。日本人の多くが「自分の英会話力は平均以下で、とりわけリスニングで困っている」と認識しています。話せたとしても、英語の発音にはコンプレックスを持っている人も多い。過去に英会話スクールや英語教材で失敗してダメージを受けたとしても、やはり英語をモノにしたいのです。だから英語教材のニーズは無くなることはありません。
続きを読む

テキスト不要という手軽さ

スピードラーニングは「テキスト不要」というのを売りにしています。これは英語のあとに日本語が吹き込まれているのでテキストを見なくても意味がわかるということだそうです。

テキストを見なくて良いから机に向かわなくてもよい、家事をしながら、通勤途中でも英会話が学べる。部屋でBGM代わりに流しっぱなしにできる。この手軽さが忙しいビジネスパーソンに指示され、スピードラーニングは英会話教材として大ヒットしました。
続きを読む

スピードラーニングで英語が好きになる

スピードラーニングはその公式ページで「英語がどんどん好きになる」と宣伝しています。中身を読んでみると「英語を繰り返し聞く事で音やリズムに慣れてきてやがて好きになる」ということだそうです。

好きこそ物の上手なれ、ということで英語を聞く事が好きになれば英会話が上達するという理屈です。
続きを読む

Copyright © 2016 英語の基礎が身につくスピードラーニングの効果|英会話教材選び.net

Up ↑