英語の基礎が身につくスピードラーニングの効果|英会話教材選び.net

Month: 8月 2016

英語を学ぼうとしたきっかけ

私が英会話と触れることになったのは、高校生のときです。きっかけは、当時部活を辞めてフラフラしていた私に、母親が知り合いの娘さんにお願いしたことが始まりです。とはいっても、習っていたのは半年ほどの短い期間でした。

しかも週に一度、そのお宅に伺ってリスニングと称して一緒にCDを聞き、その流れてくる英語の内容を聞き取って紙に書きだす、英語の曲のCDを聞いて、一緒に歌ってその中で発音を直していく・・・といったもので、時間にして1時間、そのうち英語を聞く時間というのは、10分ぐらい?なので、正直自分の英語力が上がったか?と聞かれたら、はなはだ疑問ですが。(笑)
続きを読む

英会話に限らず、会話で一番大切なのは

初対面の人と会って話すのは、相手が同じ日本人であっても緊張するものです。それが、日本語ではなく外国語を話す必要があるなら、なおのこと。
日本人に対する評価というのは、基本的に「親切」「礼儀正しい」「優しい」といったプラス評価が一般的です。自分自身を振り返ってみて、日本では決して礼儀正しいと格別に褒められたことは記憶にないのですが(笑)

しかし、ほとんど英語を話すことができない状態でアメリカへ来て(注;自分ではもっと英語は話せると勘違いしていましたけど)、相手とのコミュニケーションをとる方法で私にできることと言ったら、とにかく相手の言うことを一生懸命聞くことでした。相手が言っている会話の内容についていけずに、何の話をしているのか完全にわからなくなったこともありました。
続きを読む

スピードラーニングの「口コミ」サイトとは?

自分自身が英語をまがりなりにも話せるようになり(とはいっても、ネイティブみたいに話せるか?と聞かれたら否定しますが)、日本人の友人から英会話の勉強って、どうやればいいの?と聞かれることが多々あります。

どんな教材を購入すればいいのか?リスニングはどのCDを聞いた方が一番効果があるのか?あるいは、一生懸命勉強しているのに、発音がどうしても日本語英語になってしまって、なかなか上手にならない時は、どんな方法で直していくのがいいのか?などと、様々です。

やはり、現地に住まないとダメなのか?とも聞かれます。(が、これは先日書いたアメリカに住んでいるだけでは英語は話せるようにはならないをご覧ください)もしも、自分一人だけで見知らぬ外国の地で生活することになったとしたら、しかも日本語を話す人が周りに誰もいなかったとしたら、その上、ネットもなかったとしたら早いかもしれないですね(笑)

しかし、現実にはそういう環境になる(なれる)ことは確率的に低いと思いますし、今の自分が置かれた環境の中で、内容を吟味して選択するしか方法はありません。
ネットがなかった時代であれば、それは周りの友人や本屋へ行き、情報を入手するしかありませんでした。 続きを読む

無料の教材と有料の教材の効果の違い

ちまたには、スピードラーニングを始めとして、あまたの英語・英会話教材があふれています。CDやDVDを購入して学習するもの、海外サイトにつなげて勉強するといったものまで様々です。また、テレビやラジオはもちろん無料教材も溢れています。

個人的な感想ですが、こういった無料のものは決して悪いとは思っていません。ただ、きちんと自分でこれらの内容を勉強し、なおかつリスニングも含めて継続していくことに関していうと、無料の場合、相当意思が強い人でなければ難しいのではないか?と思っています。
わざわざスポーツクラブに入会しなくても、毎日1駅分歩く方法であるとか、毎日腹筋をするとか、無料で自分でできる効果的なものがなかなかできない人が多いのが現実です。

もちろん、自分自身を律することができる方は別だと思います。が、私はケチなのでお金を出した分は元をとらないと!と思う方です。だからと言って無料のリスニングサイトなどを口コミサイト等で調べてやろうとしても、なかなか続かない。そして高額なものは、はなから購入することには二の足を踏むタイプです。

その点、スピードラーニングは金額的にリーズナブルな価格だと思いますし、そして一番大切なその内容も、英語と日本語での翻訳がついたものと、英語だけの会話形式になっていて実践で使い易いものだと思います。受講者が無料で利用できる電話英会話では、実際に会話する機会をつくり、外国人から聞いた時の自分の英語の評価(発音に対する評価)を知る事もできます。これも内容的にプラス評価ではないかと思います。 続きを読む

Copyright © 2017 英語の基礎が身につくスピードラーニングの効果|英会話教材選び.net

Up ↑