スピードラーニングは英会話教材として有名です。しかし実は英語だけではないのです。中国語、韓国語、フランス語があります。

教材の基本的なコンセプトは英語と同じで、聞き流し教材となっています。耳から学ぶ、まずはリスニング力をつけるというものです。

スピードラーニングが有名になって以降、様々な聞き流し教材が発売されましたが、その殆どは英語教材です。しかし近年、訪日する外国人観光客の増加に合わせて中国語や韓国語を学ぶ日本人は増えています。それに伴いこれらの外国語のニーズも高まっています。

口コミサイトなどで取り上げられることも少ないのでご存じない方も多いかと思いますが、興味のある人は公式サイトを覗いてみてはいかがでしょうか?