英語の基礎が身につくスピードラーニングの効果|英会話教材選び.net

Author: master(page 2 of 13)

アメリカのマックやスタバで “ Enjoy! ”

2018年という新しい年になり、『今年こそは!』と目標を立てられる方も多いと思います。

その中には少なからず、英会話の上達を目標に掲げておられる人もいると思います。一生懸命、文法を確認したり教科書を見直したり。でも、それは現役の受験生にお任せしましょう。

日本の英語の試験は、英会話とはまた全然別のベクトルのものですから。(でも教科書や文法が必要ないということではないので、誤解なきよう。)

英会話の中で、頭の中で日本語に訳す場合に、そのシチュエーションを考えると、今まで学校で勉強してきた英語の訳では、しっくりこない場合もあります。

例えば、スタバやマクドナルドといったお店で、お持ち帰りではなく、店内で飲食する場合。

オーダーしたものを受け取った時に、アメリカだと、” Enjoy! ”と声をかけることも多いのですが、これをそのまま、教科書通りに訳すと「楽しんで」。確かに間違いではないのですけれど、多分、映画の字幕とかだと日本のお店のように「ごゆっくり」などと

続きを読む

Christmas Choir

25日のクリスマスの朝、子供達お待ちかねのサンタクロースからのプレゼントが、ツリーの下に置いてあるのですが、子供達だって、大忙しのサンタのために、24日のイブの夜には、クッキーと飲み物を置いておくのが「しきたり」です。

もちろん、サンタクロースは、プレゼントを置くときに食べていきますよ。子供に食べたということがわかりやすいように、歯型をつけて残すサンタクロースもいるようです(笑)

いつもは行かない教会に、クリスマスだけは足を向ける人が多いのは、聖書が基本であるとしているアメリカならではかもしれません。もちろん、イスラム教徒だって、仏教徒であれ、イベントとしてのクリスマスをお祝いする家庭は日本と同じように多いようです。

また、教会などではクリスマスだけの特別編成(急遽募集で集められることも多々)の子供達による聖歌隊も登場します。スピードラーニングでもクリスマスイベントについての英会話は、たっぷりと収められていて、英語を勉強するというよりも、内容そのものを楽しめるようになっています。

続きを読む

アメリカの山火事

日本でもこの時期は乾燥して火事が多くなる季節です。テレビはもちろん、サイトのニュースでも報道されているように、私が住んでいる南カリフォルニアはどこもかしこも、山火事(wildfire)が起きています。サンタアナ・ウィンドと呼ばれる乾燥した強風が被害を大きくしています。 続きを読む

すでにクリスマス

Thanksgivingが終わったかと思ったら、もうすでに街はクリスマスで彩られています。スピードラーニングでももちろん取り上げられているクリスマスツリーですが、街のあちこちで、生のモミの木(他の種類もあります)が販売されています。

小さい卓上用のものから、3mはあるかというようなもの(家庭用ですよ?それが入る高い天井がある家、羨ましい)が、10ドル〜500ドルと様々。 続きを読む

Black Friday

Black Friday(感謝祭・11月の第4木曜日)の翌日、金曜日は、アメリカ人が買い物に熱狂する、Black Friday。これは日本の初売りよりすごい人が買い物に繰り出す日です。在庫一掃セールはもちろん、半額とか、どうかすると、90パーセント引きとか、一つ買ったら2つが無料とか、あの手この手でお店側も攻勢をかけてきて、一年で最も売上が見込める日でもあります。 続きを読む

Thanksgiving

日本語では以前は感謝祭の方が一般的でしたが、最近では、ハロウィンと並んですでに日本語になってきている”Thanksgiving(サンクスギビング)”。スピードラーニングの中にも出てきますよね。

つい先日、ハロウィンが終わったばかりだと思ったらすぐに、このビックイベントがあるために、大人も子供も、ちょっと浮き足立った感じです。 続きを読む

Trick or Treat

先日行われたハロウィン。日本でも定着してきていますが、アメリカと違うのは、若者のコスプレイベントみたいになっているところでしょうか?

アメリカでは、やっぱり主役は子供達。 続きを読む

Copyright © 2018 英語の基礎が身につくスピードラーニングの効果|英会話教材選び.net

Up ↑