初対面の人と会って話すのは、相手が同じ日本人であっても緊張するものです。それが、日本語ではなく外国語を話す必要があるなら、なおのこと。
日本人に対する評価というのは、基本的に「親切」「礼儀正しい」「優しい」といったプラス評価が一般的です。自分自身を振り返ってみて、日本では決して礼儀正しいと格別に褒められたことは記憶にないのですが(笑)

しかし、ほとんど英語を話すことができない状態でアメリカへ来て(注;自分ではもっと英語は話せると勘違いしていましたけど)、相手とのコミュニケーションをとる方法で私にできることと言ったら、とにかく相手の言うことを一生懸命聞くことでした。相手が言っている会話の内容についていけずに、何の話をしているのか完全にわからなくなったこともありました。

日本にいた頃、英語のリスニング力が無いと相手や周りに思われるのが恥ずかしくて、わかったふりをしてみたり、相手に英語で答えないといけない場面になったときに「言ってることはわかるんだけど、なんて答えればいいか英語がすぐにでてこない」などと言い訳したことは数え切れません。自分の発音に自信がなくて、早口で話したり、学校で勉強したことを「文法的には正しくても普通使わない」とアメリカ人に切り捨てられたり(笑)

最近ではいろいろな口コミサイトで、「聞くだけでは話せるようにならない」とか「スピードラーニングは効果がない」という批判的な評価をよく目にします。
しかし、聞くからこそ話せるようになるのです。相手の言うことを聞けるようになるからこそ、会話が弾むようになるわけです。自分が言いたいことだけを話せるようになっても、それは単なる自己満足になってしまうのです。

コミュニケーションをとる時に一番大切なのは、何と言っても相手の言うことを知ろうとする姿勢なのではないでしょうか?
スピードラーニングの教材は、当時はCDではなくカセットテープでしたが、聞いてるうちに「これは勉強の為と言うよりも、あくまでも相手とのコミュニケーションが取れるようにする為のものなんだ!」と感じたものです。その上でもっと学習したい人も出てくるでしょう。しかし、英語での講義を聴く為にもやはり、リスニング力がまずは必要なはずです。

英語を話せる友人がいれば、無料で英語を教えてもらえるかもしれません。しかし、多分、多分ですが、自分が英語を話せるようになる前に、その友人の方が日本語が上手になっている可能性が高いような気がします。(笑)

何度も言いますが、相手の言うことがわからないなら会話は続かないのです。
私は相手の言うことがわからない時にわかったフリをするのではなく、「今のはなんて言ったの?」「今言ったのは意味がわからなかったからもう一度説明して!」と言えるようになった時、自分の英語の力が少し前に進めたと思ったものです。そして一般的にアメリカにいる日本人は、相手の話を一生懸命に聞こうとする姿勢があるからこそ、礼儀正しいと評価されているのかもしれないとも思います。