英会話もままならない、まだアメリカに来たばかりの子供たちが、アメリカの現地校に通うことになる時、普通クラスにそのまま入ることもありますが(本人は非常に苦労します。自分で英語は勉強しなければならないので)学校によっては、Newcomer Class(新しく来た人用のクラス)を設けているところもあります。

そのクラスには、日本人だけではなく、いろんな国からの子供達が集まっていますから、(しかも、みんな英語を話せないから、このクラスに入っている)英語学習の内容はやはり、CDを使っての繰り返しのリスニングが重要で、自宅での会話も日本語は使わないように、できるだけ英語での会話を心がけてくださいと言われます。

また、先生から勧められたサイトで(もちろん無料サイト)、子供のレベルにあった内容で勉強するようにとも言われます。
これらのサイトを見てみると、やはり、スピードラーニングと同じように、とにかくたくさんのリスニングをする方法が挙げてあります。(学校で子供用に購入を勧められるのは、読書用の本だけです。これは英語の力はもとより、他の学習のためでもあります。)
その効果はというと。一年で、一般の授業についていけると評価される子供がほとんどです。

アメリカで暮らしているから、周りがみんな英語を話すから、スピードラーニングのやり方とは違うんだ!という方がおられるなら、彼らの学校での生活を見ていれば、日本でスピードラーニングを聞いているのと、あまり変わらないということがわかると思います。

本当に、最初は聞くだけなんです。先生の言うことも、周りの英語ができる友達が話す言葉も(クラスメイトの母国語はそれぞれ違う言語なので、お互いには最初はほとんど会話がない)、とにかく聴いているだけ。

誰かが何かを話しかけても、わからないから、リアクションがとりようがない子供たちは、毎日、同じことを(挨拶にしろ、質問にしろ)聞かされることで、徐々に話せるようになっていくのです。
自宅では英語を使うようにとは言われても、家庭では母国語で話してしまいますから。

不思議なことに発音も、特別に発音の練習をするわけではないにもかかわらず、私たちよりもはるかに綺麗な発音になります。
聞いているだけなのに。ずっと彼らの中に蓄積されていたんでしょうね。

本当に、最初はOne word(ワンワード)、一つの単語、一口コミュニケーションしかできなかった子供たちが、他に逃げ場がないとはいえ、たった一年で完全にとは言いませんが、日常生活を送れるようになるまでに上手になるのです。