スピードラーニングが発売されたのは、公式サイトの記載によれば1989年3月です。2014年11月現在で発売から25年たっています。英語教材としてはロングセラーです。

書店やインターネット上で様々な毎年のように新しい英会話教材が登場しています。日本人の多くが「自分の英会話力は平均以下で、とりわけリスニングで困っている」と認識しています。話せたとしても、英語の発音にはコンプレックスを持っている人も多い。過去に英会話スクールや英語教材で失敗してダメージを受けたとしても、やはり英語をモノにしたいのです。だから英語教材のニーズは無くなることはありません。

新しく登場する教材の多くは「○日間でペラペラ」など過激なキャッチコピーで販売されていますが大半のモノは数年で消えてゆきます。結果として宣伝文句ほど効果が見られなかったからではないかと思われます。

そんな中、スピードラーニングは25年も売れ続けている。ユーザーからの支持が得られている証です。

最近では類似商品も出てきています。口コミサイトでも様々な評価がされています。