私たち日本人は中学、高校と6年間も学校で英語を勉強しますが、なかなか英語を聞き取れるようになりません。その一つの原因として、日本の学校教育では、英語を聞く時間が非常に少ないということが挙げられます。

海外の英語教育では、英語のみを使って授業が行われるのに対して、日本では日本語を使って英語の授業が行われます。ですから、授業中に英語を聞く機会が非常に少ないといえるでしょう。

英語が聞き取れるようになるためには、ネイティブの話す英語をたくさん聞いて、英語特有の音に耳を慣らす必要があります。

聞き流す英会話教材スピードラーニングなら、辞書やテキストなしで大量の英語を聞くことができます。スピードラーニングは短い英語の後に日本語が流れるので、聞いているだけで何を言っているのか意味が分かります。

意味の分からない英語を聞き続けてもつらいだけで、長続きしないでしょう。英語は意味を理解しながら聞き続けることが大切なのです。

英語が話せるようになるためには、英語の大量インプットが必要不可欠です。自分の中に「タンク」が存在していることを想像してみてください。その「タンク」の中に英語がある程度たまる必要があるのです。

英語を聞き続けていくと、次第にその「タンク」の中に英語がたまっていき、ある日突然タンクから聞きためた英語があふれ出てくるようになります。そのようになって初めて、自分から英語をしゃべれるようになるのです。

スピードラーニングは聞き流すだけで大量の英語をインプットできる教材なのでオススメです。