英語を勉強している人で、政治や経済についての難しい英語は読めるのに、簡単な英会話が聞き取れないし、話せないという人がいます。このような人は、学習のポイントがずれてしまっているといえます。

アメリカ人やイギリス人が普通に会話をするとき、そんなに難しい単語や表現を使っているわけではありません。makeやtake、haveなどの簡単な単語を使って会話をします。しかし、そんな簡単な英単語ですら、多くの日本人にとっては、なかなか聞き取れないものです。ですから、簡単な単語を使った平易な英語をたくさん聞いて、まずはリスニングを鍛えることが重要です。

日本の学校教育、とりわけ高校の英語教育では、大学入試対策のために非常に難しい英語の文章を読んで、日本語に翻訳する学習が続きます。もちろん、このような学習が悪いというわけではありませんが、日常会話の勉強はもっと重要で、字際に外国人と接するときに役に立つものです。

聞き流す英会話教材『スピードラーニング』は、内容が日常会話で構成されているので、実際にアメリカ人やイギリス人と会話するときに役立つ表現を身につけることができます。