自分が心の中で思ったことを英語で言いたいけど、どう言えばいいか分からず、口から出て来ないという人は多いと思います。

そのような方にお勧めなのが、英語で日記をつける学習方法です。英語で日記をつけることによって、自分が言いたいことを英語で考える習慣が身につくようになります。一度自分の頭で考えた日記の英文は、自分の思いや実体験がそのまま英語で表されているため、記憶として定着しやすく忘れにくいのです。

英語でも日本語でもそうですが、自分が話したい内容は自分が心の中で思ったことにほかなりません。教科書に出てくる英会話表現が、自分の話したい内容と一致しているとは限りませんから、教科書の英語をただ暗記するだけでは、いざという時に自分の言いたいことが口から出て来ないのです。

英語で日記をつけることに慣れてきたら、心の中で思ったことをすべて英語で言ってみると、さらに効果があります。聞き流す英会話教材『スピードラーニング』のCDを聞き流してリスニングを鍛えるのと同時に、英語で物事を考える習慣を身につけて、さらにそれを発音してみると、英会話力がさらにアップするでしょう。