「聞き流すだけ」では英語は話せない、『スピードラーニング』は効果がないと言って、自分の売りたい英語教材を勧めるアフィリエイターの書いたサイトを数多く見かけます。

確かに「聞き流すだけ」で英語がペラペラになるわけではないと思いますが、聞き続けることでリスニング力は確実にアップします。

英語は文字ばかり見て勉強しても上達しません。耳からたくさん英語を聞いて、英語特有の音に慣れる必要があるのです。

英語をたくさん聞いたほうがいいとは言っても、意味の分からない英語を聞き続けるのは苦痛なだけで、長続きしません。そこで、聞き流す英会話教材『スピードラーニング』は英語を長く聞き続けることができるように、短い英語の後に日本語が流れて、すぐに内容が分かるように工夫されています。

英語を「聞き流す」とは、英語が耳から入ってきた時、意味が分からなくてもいちいち気にしないで、そのまま聞き続けることなのです。英語を母国語としない私たちが、一字一句英語の意味をすべて理解しようとするのはなかなか難しいことです。一つ一つの単語を辞書で調べて確認していては、大量の英語を聞き続けることができませんし、辞書を引くことが嫌になって英語の勉強も挫折しかねません。

少しくらい分からない単語があっても聞き流して、文全体から意味を推測して理解しようとするほうが、一字一句単語の意味を理解し暗記する方法よりも学習効果が高いのです。