聞き流す英会話教材『スピードラーニング』で英会話をマスターした人たちの多くは、通勤時間を利用して聞き流しを続けていたようです。通勤時間は1日のうちでリスニングを鍛える最適な時間帯です。通勤時間のようなスキマ時間をうまく利用して、英語の聞き流しを続けましょう。

寝る前に布団に入って英語を聞くという人も多いかもしれません。『スピードラーニング』はBGMでクラシック音楽が流れますので、横になりながら聞くと眠くなってしまいます。『スピードラーニング』は睡眠学習法ではありませんので、眠りながら聞いても効果は期待できません。

英語-日本語のCDを何度か聞いて、ある程度内容が分かったら、英語だけのCDをたくさん聞くのがオススメです。英語-日本語のCDは日本語が入っている分だけ、英語を聞く量が少なくなります。また、英語-日本語のCDはナチュラルスピードよりやや遅いので、ナチュラルスピードに慣れるためにも英語だけのCDを聞いたほうが良いと言えます。

『スピードラーニング』は「1日5分から」とサイトでうたっているようですが、さすがに1日たったの5分の聞き流しではリスニング力はアップしません。少なくとも1日に1時間は聞いたほうがいいでしょう。『スピードラーニング』アプリを利用すると、1日に聞いた時間がアプリに保存されるので、どのくらい聞いたのか分かりますし、1日の聞き流し目標時間も設定できて、励みになります。