英語の基礎が身につくスピードラーニングの効果|英会話教材選び.net

Tag: スピードラーニング

アメリカの方言

アメリカやイギリスだけでなく、世界の多くの国で母国語としてつかわれている英語。スピードラーニングでは、日本人が一番耳に慣れ親しんでいて、なおかつ世界で圧倒的な地位を確立しているアメリカ英語を採用しています。

しかし、このアメリカ英語においても、地域によっていろんな発音があるのは、きっと「南部訛りの~」と言った会話を映画などのセリフで聞いたことがあるかもしれません。リスニングに長けた人であれば、教材の中で使われる英会話の見極めができるのかもしれません。
続きを読む

ひな祭り

スピードラーニングの中にも、日本の文化に触れている話題がありますが、教材としてはもちろん、アメリカでの日々の生活に非常に役立つものです。

というのも、相手との英会話で、日本特有の話題を出すことは、自分のテリトリーの内容ですから当然、イニシアチブはこちらですし(笑)その会話の中で出てくる、例えば「お盆」であったり、「金魚すくい」や「節分」であったりする日本語の発音はもちろん、すべての事柄に対して、こちらが教える立場になっているわけです。 続きを読む

多くの日本人は英語を聞く量が足りない。

私たち日本人は中学、高校と6年間も学校で英語を勉強しますが、なかなか英語を聞き取れるようになりません。その一つの原因として、日本の学校教育では、英語を聞く時間が非常に少ないということが挙げられます。

海外の英語教育では、英語のみを使って授業が行われるのに対して、日本では日本語を使って英語の授業が行われます。ですから、授業中に英語を聞く機会が非常に少ないといえるでしょう。

英語が聞き取れるようになるためには、ネイティブの話す英語をたくさん聞いて、英語特有の音に耳を慣らす必要があります。
続きを読む

テキスト不要という手軽さ

スピードラーニングは「テキスト不要」というのを売りにしています。これは英語のあとに日本語が吹き込まれているのでテキストを見なくても意味がわかるということだそうです。

テキストを見なくて良いから机に向かわなくてもよい、家事をしながら、通勤途中でも英会話が学べる。部屋でBGM代わりに流しっぱなしにできる。この手軽さが忙しいビジネスパーソンに指示され、スピードラーニングは英会話教材として大ヒットしました。
続きを読む

Sticky post

スピードラーニングから基礎的な力を養う

スピードラーニングから基礎的な英語に対する力を養うことは、大きな変化に対するステップだと思っても間違いではありません。
むしろ、着実なステップを踏むための大きな一歩だと考えるべきです。

英語を話したいと考え、今まではなかなか自分で行う英語学習で効果を得ることが難しかった人でも、こうした効率化を図る教材を活用することによって、日常生活のスタイルを崩すことなく、英語に関する知識が拡大できるようになります。

続きを読む

Copyright © 2017 英語の基礎が身につくスピードラーニングの効果|英会話教材選び.net

Up ↑