英語の基礎が身につくスピードラーニングの効果|英会話教材選び.net

Sticky post

スピードラーニングから基礎的な力を養う

スピードラーニングから基礎的な英語に対する力を養うことは、大きな変化に対するステップだと思っても間違いではありません。
むしろ、着実なステップを踏むための大きな一歩だと考えるべきです。

英語を話したいと考え、今まではなかなか自分で行う英語学習で効果を得ることが難しかった人でも、こうした効率化を図る教材を活用することによって、日常生活のスタイルを崩すことなく、英語に関する知識が拡大できるようになります。

スピードラーニングを利用することによって、生活面でも英語に対する刺激に敏感になります。
内容をとらえることは、その後のコミュニケーションにも大きな影響を与えるので、まずは話者の内容を理解するという一歩を踏み出すことが、大きな変化を迎え入れる体制としては重要になります。

今まで以上に魅力的な自分へと進化を遂げるためにも、語学力のアップというステイタスを取り入れることは大きな魅力を与えてくれるはずです。
だからこそスピードラーニングのような効率的な学習を図る教材が、多くの方々の生活を変えるきっかけに発展しているのです。

続きを読む

初心者向けコースが新登場

『スピードラーニング』に新商品が登場しました。それが『やり直し英語』という初心者向けのコース。聞き流しはどちらも同じようですが、やり直し英語は日本語ガイドがついていたり、ワンフレーズが通常コースより短くなって、より分かりやすくなっているそう。 続きを読む

外来語と呼ばれるもの

外来語と呼ばれるものは昔から多数ありますが、昔は使っていなかったけれど、最近は会話のなかで、自然に使っている英語も数多くあります。

例えば、宝くじでもおなじみの、スクラッチ(SCRATCH)。金色や銀色だったりする部分を硬貨などで削る、その削ったり、こすったりすることをSCRATCHといいます。私もスクラッチという言葉に対しては、そういう感じの意味だけだと思っていたのですが、つい先日、息子の水泳の大会で以外な使い方 続きを読む

辞書を引けばわかる

アメリカの病院では、初診の時に必ず書かせられる何枚もの書類というものがあります。名前や住所、保険会社などはもちろんのこと、過去の病歴やアレルギーの有無はもちろんのこと、家族の病歴や死因といったものまで。

少し前のことですが、ある病院に行った時のアンケートでは、大麻の使用やコカインの使用のことを書くページが!(笑) 続きを読む

Ripe?right?似ている?

先日、簡単な単語のはずなのに、生活の中で実は使ったことがなかったという英語がありました。それは、ripe。 辞書で調べると出てくる意味は、(果物が)熟した、飲み頃の、盛りの、円熟した、老齢のと言ったものです。 続きを読む

言っていることは分かるけど、言えない

小学校3年生から英語が義務づけになるという話です。これについて、賛否両論はあるようですが、入試のための英語を小さい時から始めさせるということであれば、首を傾げたくなりますが、第二外国語としての英語を「身につけさせたい」というのであれば、いいことだと思っています。

続きを読む

銀メダリスト入江選手と遭遇

いつも息子が練習しているプールで、大きな大会があって(期間は短い)オリンピック銀メダリストの入江陵介選手が来ていました。スピードラーニングの石川遼選手はもちろん、世界で勝負しているアスリートには英語は必須ということで、私たちと同じように頑張っておられるのは、みなさんご存知の通りです。

続きを読む

レンタルのいろいろ

アメリカもレンタル産業は盛んです。車はもちろん、バケーションハウスと呼ばれる観光地だけでなく、空いている一軒家を一週間とかの単位で借りられたり、子供のベビーベッド、パーティ用のドレスやタキシードなど、期間の長短は変わっても、ある一定期間だけ使うものはもちろん、クリスマスの家族が集まる時期だけ、ソファやベッドなどの家具を借りたり。(買ってから必要でなくなったら返品するツワモノもいるようですが) 続きを読む

Copyright © 2018 英語の基礎が身につくスピードラーニングの効果|英会話教材選び.net

Up ↑