英語の基礎が身につくスピードラーニングの効果|英会話教材選び.net

Sticky post

スピードラーニングから基礎的な力を養う

スピードラーニングから基礎的な英語に対する力を養うことは、大きな変化に対するステップだと思っても間違いではありません。
むしろ、着実なステップを踏むための大きな一歩だと考えるべきです。

英語を話したいと考え、今まではなかなか自分で行う英語学習で効果を得ることが難しかった人でも、こうした効率化を図る教材を活用することによって、日常生活のスタイルを崩すことなく、英語に関する知識が拡大できるようになります。

スピードラーニングを利用することによって、生活面でも英語に対する刺激に敏感になります。
内容をとらえることは、その後のコミュニケーションにも大きな影響を与えるので、まずは話者の内容を理解するという一歩を踏み出すことが、大きな変化を迎え入れる体制としては重要になります。

今まで以上に魅力的な自分へと進化を遂げるためにも、語学力のアップというステイタスを取り入れることは大きな魅力を与えてくれるはずです。
だからこそスピードラーニングのような効率的な学習を図る教材が、多くの方々の生活を変えるきっかけに発展しているのです。

続きを読む

「ゆっくりでいいよ」の英語

英語の生活の中で、よく耳にする言葉に、これがあります。

辞書を引けば、take time だと、時間をかけるなどと、出ていますが、例えばもしATMや病院での受付を画面で操作している時など、後ろに並んでいる人がいるにもかかわらず、焦るから尚の事時間がかかってしまって、後ろの人に、「すいません、時間がかかってしまって・・・」などと謝ったりすると、 続きを読む

アメリカのパーティーマナーって?

Halloweenが終わったら、今度はサンクスギビング(Thanksgiving) にクリスマス。サンクスギビングの由来については、グーグル先生にお任せします。

学校区にもよりますが、この時期に秋休みとして1週間ほどのバケーションウィークになるところが多いのです。そして、当然、この時とばかりに家族が集まって・・・ということになりますから、空港は大混雑です。 続きを読む

スピードラーニングでアハ体験

英会話の発音で、抑揚(イントネーション)が大切だということは、以前にも書きました。私達日本人は英語を習っているがために、ついついスペル通りに“読んで“しまって、相手に言いたい単語や、言葉が伝わらないということが時として起こります。 続きを読む

別れ際のあいさつ

時々会う、お隣さん。白人のカップルなのだけれど、どうもアメリカ人ではないらしい。顔を合わせる度に、”Hi.”と挨拶はしあっていたのだけれど、今日、彼女からいきなり、”I’m xx.”と自己紹介された。赤いメッシュをいれた髪の、とても美しい彼女から、笑顔で言われてちょっと照れてしまった私。(そのぐらい、陶器の人形のように美しい)

ここで 続きを読む

興味がある英語を聞くのが効果的

日本の学校でもそうですが、子供にどんどん本を読ませなさいと言われますよね?

アメリカも同じです。とにかく、本を読ませろ、最初は漫画からでもいいから、本を読むこと=楽しいと感じさせなさいと。(とはいえ、小学校高学年になってきたら、漫画ばかりを読んでいると、今度は書く文章が漫画のセリフのようなものばかりになるから、注意)

英語で会話をする上で、発音にこだわるよりも、リズムとか抑揚に気を付けた方が相手は聴きとってくれやすいというのは、以前、取り上げたと思います(関ジャニ∞の英語の伝言ゲーム 続きを読む

ヤフオクやAmazonでスピードラーニングを購入するとサポートがつかない

スピードラーニングをネット購入しようと検索すると、中古や新品のものがヤフオクやAmazonなどで格安で販売されています。

しかし、これらには無料のサポートがついてきません。中でも、個人的に一番損だなと思うのが、無料でつかえる電話英会話サービスが使えないこと。スピードラーニングは聞くだけと思っている方も多いようですが、実はきちんと実戦練習もつきます。だから、聞く+話すで英語が身に付いていくんですね。

ヤフオクやAmazonで購入したもので十分という方もいると思いますが、せっかく英語を学ぼうとしているのであれば、正規品をHPから購入するほうが、確実により早く英語が話せるようになると思います。

 

単語は貯金

日常の英会話という中で、私たちは結構な量の単語をすでに覚えています。身の回りの物の名前で言えない英語は実は数少ない)のです。一つには、ものの名称がすでに英語からきているものが増えていることもあげられます。

実際に今のわたしのまわりにあるものを見ても、テーブル(英語)・パソコン(しかしこれは、日本語。英語ならば、PCまたはPERSONAL COMPUTER)、ソファー(英語)キッチン(英語) 続きを読む

Copyright © 2018 英語の基礎が身につくスピードラーニングの効果|英会話教材選び.net

Up ↑