英語の基礎が身につくスピードラーニングの効果|英会話教材選び.net

Sticky post

スピードラーニングから基礎的な力を養う

スピードラーニングから基礎的な英語に対する力を養うことは、大きな変化に対するステップだと思っても間違いではありません。
むしろ、着実なステップを踏むための大きな一歩だと考えるべきです。

英語を話したいと考え、今まではなかなか自分で行う英語学習で効果を得ることが難しかった人でも、こうした効率化を図る教材を活用することによって、日常生活のスタイルを崩すことなく、英語に関する知識が拡大できるようになります。

スピードラーニングを利用することによって、生活面でも英語に対する刺激に敏感になります。
内容をとらえることは、その後のコミュニケーションにも大きな影響を与えるので、まずは話者の内容を理解するという一歩を踏み出すことが、大きな変化を迎え入れる体制としては重要になります。

今まで以上に魅力的な自分へと進化を遂げるためにも、語学力のアップというステイタスを取り入れることは大きな魅力を与えてくれるはずです。
だからこそスピードラーニングのような効率的な学習を図る教材が、多くの方々の生活を変えるきっかけに発展しているのです。

続きを読む

子どもによく使う言葉

日本語であっても英語であっても、朝起きてからのおはよう ”Good morning.”から、夜寝るまでの ’Good night.” まで、毎日の生活の中で90%の確率で使う言葉があります。

そんな中、親ならばこそ、毎日何回でも子供につかってしまいがちな英語が、

「はやくしなさい」

”Hurry up!” ”Come on!” “Shake your leg!” 続きを読む

アメリカの新学期

アメリカでは新学年が始まりました。(学校によっては9月半ばまで夏休みのところもありますし、逆に以前にもお話したようにYEAR ROUNDシステムの学校だと、9月下旬から3週間ぐらい、秋休みにはいるところもあります。)

新しい学年がはじまってまず必要(&面倒くさい)なのは、学校から指定されるSCHOOL SUPPLY(学校教材)を買いそろえるというところです。 続きを読む

What’s his name?

昔の英語の教科書には、オーソドックスな This is a pen. というのがありました。これは、会話の中で使うためのものではなく、あくまでも文法の基礎を学ぶ第一歩というものだと私は(今更ながらですが)理解しています。

逆に、今思うと??というのが、What’s your name? というものです。 続きを読む

学校が始まる前にすること

日本は夏休み後半戦ですが、アメリカの学校はすでに始まっているところが多いのはご存知ですか?

イメージ的にアメリカの学校は9月からというのがありますが、実は8月から始まる学校は多いです。(大学関係は9月からの方が多いようですが。)通常1年に3回の長い休みー夏休み・春休み・冬休みがある学校ではなく、4回の休みのあるー秋休みが入るーYEAR ROUNDシステムを導入している学校は、7月半ばから新学期は始まります。 続きを読む

パンケーキ(pancake)とホットケーキ

日本ではホットケーキと呼ぶ子供も大好きなものは、アメリカではパンケーキというのは最近では広く知られています。私の子供のころのイメージだと、ホットケーキはおやつというカテゴリーだったように思いますが、アメリカでは「絶対に」朝食のカテゴリーです。(同じようにオムレツやスクランブルエッグといった卵料理もやっぱり朝食) 続きを読む

駐在員になったわけ

英会話を始めてみようかと思いながら、どの教材がいいのか、どの英会話スクールがいいのか、迷ったり疑心暗鬼になっている人は多いと思います。

昔は今のような英会話教材が星の数ほどもあるという状況ではなく、むしろ、怪しげな英会話スクールが乱立している状態だったように記憶しています。

どこから手に入れたのか、中学・高校の名簿をつかって電話をかけて、高額なチケット制の英会話スクールへの入会を勧めるという話もよく聞きました。 続きを読む

英語の宿題

最近の子供の宿題は、もちろん紙に書いて提出するというのもありますが、学校から各個人に支給されたiPadで提出することの方が多いようです。(もちろん学校によって違います)

この提出するというのを、英語では、turn in と言います。そして、高学年になってくると、homework(宿題)という言葉よりも、 assignment(課題)という言葉が使われるようになってきます。明日までに提出といった短い期間での課題もあれば、期限が今月末までといったものも。 続きを読む

Copyright © 2019 英語の基礎が身につくスピードラーニングの効果|英会話教材選び.net

Up ↑