英語の基礎が身につくスピードラーニングの効果|英会話教材選び.net

Category: 個人的感想(page 4 of 14)

すでにクリスマス

Thanksgivingが終わったかと思ったら、もうすでに街はクリスマスで彩られています。スピードラーニングでももちろん取り上げられているクリスマスツリーですが、街のあちこちで、生のモミの木(他の種類もあります)が販売されています。

小さい卓上用のものから、3mはあるかというようなもの(家庭用ですよ?それが入る高い天井がある家、羨ましい)が、10ドル〜500ドルと様々。 続きを読む

Black Friday

Black Friday(感謝祭・11月の第4木曜日)の翌日、金曜日は、アメリカ人が買い物に熱狂する、Black Friday。これは日本の初売りよりすごい人が買い物に繰り出す日です。在庫一掃セールはもちろん、半額とか、どうかすると、90パーセント引きとか、一つ買ったら2つが無料とか、あの手この手でお店側も攻勢をかけてきて、一年で最も売上が見込める日でもあります。 続きを読む

Thanksgiving

日本語では以前は感謝祭の方が一般的でしたが、最近では、ハロウィンと並んですでに日本語になってきている”Thanksgiving(サンクスギビング)”。スピードラーニングの中にも出てきますよね。

つい先日、ハロウィンが終わったばかりだと思ったらすぐに、このビックイベントがあるために、大人も子供も、ちょっと浮き足立った感じです。 続きを読む

Trick or Treat

先日行われたハロウィン。日本でも定着してきていますが、アメリカと違うのは、若者のコスプレイベントみたいになっているところでしょうか?

アメリカでは、やっぱり主役は子供達。 続きを読む

会話の最初の糸口

日本語であっても、英語であっても、会話の糸口を見つけるのは、親しい友人であれば話題は尽きないかもしれませんが、例えば、子供の友達の親であったり、会社の同僚でそこまで親しく接することがない(あるいは上司でも)相手だとしたら、考えるところですよね?

英会話でとても便利だなと思う会話文の一つに、How have you been?というのがあります。日本で一番最初に習う、How are you?と同じぐらいの頻度で使われている気がします。 続きを読む

I’m sorryと言ってはいけない?

アメリカで事故を起こしたら、相手にI’m sorryと言ってはいけないと聞いたことがある人も多いと思います。自分の非を認めることになるから!と。
でも、実際には自分が相手にぶつかってしまった時とか、あるいはお互いにぶつかってしまった時にはもちろん、I’m sorry.はみんな使っています。

I’m sorry. には、ゴメンナサイの意味の他に、例えば、相手を思いやっての時に使う、I’m sorry to hear that (それは残念なことでしたね、とか、かわいそうにとか)の意味もありますから、そこまで頑なに謝罪!ということにはならないと思います。 続きを読む

間違えることを恥だと思わない

私たち日本人はよく、「完璧を求める」国民性だと言われることがあります。英語に限らず、他のことでもそういう部分はありますよね。

スピードラーニングで出てくる英会話はもちろん、間違っていない会話が使われているのですが、日常の生活の中で、多少間違った英会話であったとしても、そこまで神経質になる必要はないのではと思っています。 続きを読む

Copyright © 2018 英語の基礎が身につくスピードラーニングの効果|英会話教材選び.net

Up ↑