つい先日、どこかのニュースサイト?か何かで、年賀状とかには“HAPPY NEW YEAR“と書くべきで、“A HAPPY NEW YEAR“は間違いという記事を読みました。

もしかしたら、日本の年賀状で既にプリントされているものに、“A HAPPY NEW YEAR“があったかもしれませんね。いえ、確かに文法的には間違いですが、よくTシャツのプリントにある、間違った英語に比べたら、可愛いものかもしれません。

逆に変な日本語がプリントされているシャツをアメリカで見かける事も多々ありますし、シャツぐらいなら脱げばいいことですが、TATTOO(入れ墨)で、あまりにも変な漢字や言葉を入れ墨している人を見ると、それは、こんな意味なのに、いいの??と言ってあげたくなります。

その昔、日本で英語がプリントされているトレーナーを見て、イギリス人の友達が吹き出して笑い出したことがありますが(どういう意味なのか聞いても、笑って教えてくれなかった)、何が書いてあったら、気になります。今なら笑える・・・いや、着れないかもしれないですね(笑)

去年はいろんな災害や事件・事故が多かったように思えます。だから、今年はできるだけ、暗いニュースや悲惨なニュースがないことを祈るばかりです。同じ英語のニュースを聞くにしても、心が温かくなるものを聞きたいものです。

日本ではお正月の時期は3が日だけではなく、松の内の期間(関東と関西では7日までと15日までと、違うようです)が正月気分が抜けない時期かもしれません。アメリカは仕事はじめは、2日からのところが多いので、お正月?気分は31日の大晦日と、1日だけになりますが、クリスマスツリーはちょうど松の内の期間までは飾っている家が多いので、クリスマスから続く、ホリデー気分が続きます。

家族や友人と会話をする機会も倍増の時期です。会話の予習のつもりで、スピードラーニングを聞いておくことをお勧めします。会話の糸口のアイデアもたくさんあります。知っている英会話のセンテンスであっても、改めて聞くことで、もっと自然にすぐに口からでやすいし、自分の中にもっと吸収できるように思えます。

私の今年の目標は、相手の言葉を聞き取ることはもちろん、表面的な言葉だけでなく、その言っている英語の中にある、相手の気持ちを汲み取れるようになりたい!そのためにも、基本的なリスニングを齟齬がないようにしたいと思っています。