日本ではホットケーキと呼ぶ子供も大好きなものは、アメリカではパンケーキというのは最近では広く知られています。私の子供のころのイメージだと、ホットケーキはおやつというカテゴリーだったように思いますが、アメリカでは「絶対に」朝食のカテゴリーです。(同じようにオムレツやスクランブルエッグといった卵料理もやっぱり朝食)

*スピードラーニングの「オムレツの作り方」というのを聞いたことがない方は、ぜひ聞いてみてください。

*以前、アメリカ人の友達が「信じられる?ディナーに卵料理を出してきたのよ?!」と憤慨していたことがあって、え?何がダメなの?とびっくりしたことを思い出しました。もちろん、全員ではないでしょうけど。

このパンケーキ、日本のホットケーキと比べると甘さがない。甘味はシロップやホイップクリームで食べるときに追加。このシロップもいろんな種類があって、普通の甘いだけのシロップから、ブルーベリー・ストロベリー・ラズベリー・オレンジといった味がついたもの(ジャムみたいな感じですね)を、これでもかという感じでかけて食べます。

人によっては、そこまでかけたら、お茶漬けみたいにパンケーキが浮くんじゃないか?というぐらいかける人も見かけます。レストランで食べるときは、パンケーキだけではなく、これに卵料理(スクランブルエッグか目玉焼きかを聞かれます。それに、ベーコンかソーセージ(たまに、ハム)。

アメリカの加工食品(特に肉系)は塩分非常に高いです。ちょうど、某Mマークの朝食用に使われている味を思い出していただけると、わかりやすいかも。

昔、アメリカ人がソーセージやハムといったものに、ソースもかけずに食べているのを見て、健康的だな、日本人ってつい、ウスターソースや醤油といったものをかけたがるよね、と思っていたのは大間違いだとすぐに気づきました。そんなものをかける必要ない。

さて、話を戻しますが、パンケーキをレストランで食べるときには、卵料理がつきものだといいました。スクランブルエッグだったら何の問題もなく、「Scramble」といえばいいのですが、目玉焼きは以前も書きましたが、ちょっとめんどくさい。最近だと、ポーチドエッグという、ちょっとおしゃれなものまで出現しているので、なおさらです。

たまに、本当にたまに、子供たちをつれて、食べに行くのですが、パンケーキセット自体は5ドルとかそんなに高くないのですが(お子様セットならもっと安い)、コーヒーがうっかりすると、4ドルとか超高値がついていることがあるので、注意が必要です。(といっても、日本の喫茶店での値段とあまり変わらないかも。)もちろん、お代わりは無料です。

子供を一人連れて行くと、チップいれてどうしても20ドルにはなってしまいます。朝食に2000円以上もかけるのは、どこのお大尽か?ということで、自宅で作るのがほとんどなのですが。

さて、では自宅で作るとき、日本でも今はホットケーキミックスが安価で売られていますが、アメリカのパンケーキミックスの安価さにはやはりかなわないでしょう。5キロいりのお米の袋と同じぐらいの大きさ(4.5キロ入り)で、日本円で1000円弱。ただし、このサイズを買おうもんなら、相当頑張って食べないと、1年は台所のスペースを占拠してしまうことになるかも(うちはそうです、、、)

日本のホットケーキとの大きな違いは、混ぜるのは水だけでいいところ。日本のは、大体が卵と牛乳と混ぜて作るとなっていますが、アメリカはそんな面倒くさいことはしないのかもしれないです。(そういえば、普通のケーキミックスだって、混ぜるのは卵と「食用油2さじ」と水)卵をいれなくても、ベーキングソーダ(昔でいうふくらし粉)が入っているためなのか、きちんと膨らみます。が、そのふくらみは物足りない感じではありますが。

水でパッと混ぜて焼くだけの簡単パンケーキなのですが、それさえも面倒なのか、レンジでチンするだけの、できた状態で売られている冷凍ものも、アメリカでは人気です。もちろん、その手間暇の分は、価格に乗せられているんですけれど。

チンするだけというなら、ベーコンだってカリカリのベーコンになったものが、やっぱり冷凍で売られてます。いつ、料理するんだ…という感じですが(笑)