以前であれば、外国語を学ぶという場合は、ほとんどがまず英語を習うということになっていましたが、最近は、韓国語、中国語といったビジネスに直結する他言語を学びたいという方も多いですよね?

海外に駐在員として赴くご主人と一緒に、その現地に短期・長期に渡って生活をしていくことになるご家族もまた、その土地の言語を赴任前、あるいは現地に着いてから学ぶ方も多いようです。

現地であれば、生活するだけでその土地の言語を習得できる!のは、なかなか難しく、むしろ、元々の土台がある英会話とは違って、難しいみたいですね。子供なら学校であったり、スポーツや習い事といったアクティビティがありますから、それなりに自然に覚えていくようですが、大人は、買い物などの限られたやり取りになるので、言語ができるようになったという、効果が見えるようになるには、時間がかかるとのこと。

スピードラーニングにはフランス語・韓国語・中国語・ドイツ語・スペイン語・イタリア語といったシリーズがあります。あと、「ジュニア」という子供向けのものは、内容も子供さんが興味を持ちやすいものになっているようです。(私は全部を聞いたわけではないのですが、やはり駐在員の奥様で購入して子供にやらせていたという人達からの話です)

まずは無料のお試しからやってみた方がほとんどで、聞いてみて、難しくチンプンカンプン!という人よりも、むしろ、最初の方は、こんな簡単な感じでいいのかな?という感想を持たれる方が多いように感じました。子供が集中していられる時間は限られているし、子供への負担が大きくなく、続けていけるところがいいのでしょう。

最近人気のスピードラーニングのアプリに興味を持っておられる方は、アプリ自体に抵抗がないように思われます。確かにお試しでやるには、ハードルが低いと思いますし、市場に出ているアプリ自体が、以前は登録方法などが複雑だったり、ダウンロードに時間がかかったりと、利用するには、ちょっと面倒くさいものだったのが、今では、やりたいと思った時にすぐ、簡単に短時間でダウンロードできますし、価格が廉価なところも人気の秘密のようです。

もちろん、海外におられる方でも、アプリでならば、送料や到着までの期間といったものを心配する必要はなくなったのも、大きい要素ではないでしょうか?