2018年という新しい年になり、『今年こそは!』と目標を立てられる方も多いと思います。

その中には少なからず、英会話の上達を目標に掲げておられる人もいると思います。一生懸命、文法を確認したり教科書を見直したり。でも、それは現役の受験生にお任せしましょう。

日本の英語の試験は、英会話とはまた全然別のベクトルのものですから。(でも教科書や文法が必要ないということではないので、誤解なきよう。)

英会話の中で、頭の中で日本語に訳す場合に、そのシチュエーションを考えると、今まで学校で勉強してきた英語の訳では、しっくりこない場合もあります。

例えば、スタバやマクドナルドといったお店で、お持ち帰りではなく、店内で飲食する場合。

オーダーしたものを受け取った時に、アメリカだと、” Enjoy! ”と声をかけることも多いのですが、これをそのまま、教科書通りに訳すと「楽しんで」。確かに間違いではないのですけれど、多分、映画の字幕とかだと日本のお店のように「ごゆっくり」などと

続きを読む